自社内でコンプライアンスを推進するための効果的な方法とは?

会社の命令で、「コンプライアンスを推進しろ!」などといきなり言われる・・・。実は、私もそうでした。いきないコンプライアンス推進室が作られ、そこに配属。

大企業では、会社法によってそういった取り組みを行うことが求められていると知ったのは、かなり後ですが、実際にコンプライアンスの社内推進を行わなければならなくなった、そこからが結構大変でした。

限られた予算で社内にコンプライアンスの意識を根付かせるためには、どうすれば良いのか?

外部から講師を呼ぶか、自分で研修を行うか、あるいは分厚いマニュアルをすぐに作るか?

結論からいえば、コンプライアンスを組織内に定着させるためのオススメの教材がありました。それが、コンプライアンス研修DVD教材です。

 

多くの研修担当者が困っているのでは?

私と同じように、コンプライアンス教材をいろいろ探し回っている担当者は多いのではないでしょうか?かといって、意外と良いものがないというのが現状です。というよりも、とにかく高くて予算が合わないのではないでしょうか?

個人で学ぶということであればコンプライアンス教材はいくつもあるのですが、法人を対象にしたものはほとんどありません。

しかし、いろいろと探す中で法人でも自由に「講義」と「テキスト」を使い回しすることができるコンプライアンス教材を発見することができました。

ようやく見つけたコンプライアンス教材

当サイトでは、運良く?コンプライアンス推進担当や、コンプライアンス研修担当になった人に参考になる情報を紹介しています。

主に、コンプライアンス研修DVD教材が中心ですが、恐らくこれ以外にオススメのものは現時点では存在しないと思います。価格も使い勝手も他にはないメリットがたくさんあるからです。

当サイトの情報を参考に、あなたもコンプライアンス推進を行ってみてください。最近はちょっとしたコンプライアンス違反で重大な出来事に発展するケースも少なくありません。

早めの対策が、企業や団体を救うというのは事実であり、それが結果的に自分を守るということにも繋がるのです。

 

 

オススメコンプライアンス研修教材【法人向け】

ランキング1位:コンプライアンス研修DVD教材
コンプライアンスDVD教材
購入者の属する会社・団体など法人内であれば、自由にDVDを上映、テキストを複製することが可能。費用対効果が極めて高い研修教材